浄法寺漆芸の殿堂 滴生舎

浄法寺の漆

 浄法寺の漆 滴生舎のご紹介 商品紹介 アクセス情報 浄法寺漆関連リンク

漆掻きの一年。

辺付け
漆掻きのシーズンは、入梅から初冬までの約半年間。漆を掻いていく面を決め、幹に印をつける「辺付け」作業から始まる。見立ては職人の経験が頼り。

↓

漆掻き(盛り漆)
6〜7月に採れる漆を「初漆」、8月は「盛り漆」、9月は「末漆」と呼ぶ。乾きや水分量、香りなどが異なるため、出荷の際にも区別する。なかでも、「盛り漆」はウルシオールの含有率が最も高く、最高の品質を誇る。

↓

貯蔵
採取した漆はその日のうちに漆樽に移し替え、乾かないように表面に油紙を密着させて貯蔵する。

↓

裏目掻き
「殺し掻き」に特有の作業が「裏目掻き」と「止め掻き」。これまで傷をつけていなかった部分に深く傷をつけて最後の一滴まで大切に採っていく。

↓

枝掻き
伐採した枝を20日間ほど水に浸し、それから枝に傷をつけ、にじみ出てくる漆を採る。今では枝掻きをする職人は少ない。

 

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8

▲ページの上へ

Copyright(C)2007 TEKISEISHA All Rights Reserved.